×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

レスポートサックについて・・・☆

レスポートサックは1974年にニューヨーク市内の小さな工場でシンプルなデザインのダッフルバッグで出発しました。1976年にはレスポートサックの原点、トラベルシリーズを発表以後 流行の流れを敏感に感じ取りさまざまなデザインを展開しています。ポーチ、ショルダーバッグ、バストンバッグに至るまで、デザイン性だけではなく、機能性(特にレスポートサックはオリジナル素材、リップストップナイロンという気球に使われている、丈夫な素材を使っていて 水洗いが出来て丈夫な素材)使いやすさも兼ね備えた点が人気の理由と言えます。レスポートサックは取り扱い代理店を入れるとたくさんのお店で扱われていますが、直営店は全国で9店舗あります。「ららぽーと TOKYO-BAY店」「表参道フラッグシップストア 」「ヴィーナスフォート店」「町田モディ店」「ららぽーと横浜店」「クイーンズイースト店」「港北東急店」「心斎橋フラッグシップストア」「福岡店」になります。

スポンサード リンク

レスポートサック ハワイ マザーズバッグ

レスポートサックハワイはハワイ限定の柄で、1.イリュージョンチョコレート柄 2.アイランドライフ柄 3.シャッフル柄 4.ブティック柄5.ウクレレ柄6.ワイルドライフ柄7.パンダ柄8.ポップコーンブラック柄9.フラ柄 10.アイランダー柄11.ジャーディン柄12.ポップコーンビッグ柄13.ポップコーンリトル柄14.ビラブド柄15.マーメイド柄16.プアラニ柄があります。レスポートサックハワイを目的別に分けると、1.リュックサック2.スモールトラベルトート3.ソフィー4.ミディアムトライベッカトート5.オーバーナイター6.ミディアムウィークエンダー7.ラージウィークエンダーになります。マザーズバッグとしては、スモールトラベルトートやソフィー、ミディアムトライベッカトートが機能性や収納力がありおすすめです。レスポートサックハワイをマザーズバッグとして持つと、一際目立ち回りのママよりランクアップしステキなママになっちゃいます^^;

レスポートサック トキドキ

レスポートサックのトキドキシリーズは、イタリア人デザイナーシモーヌ・レグノ氏とのコラボで誕生し、トキドキというブランド名は、日本語の「時々」から付けられています。レスポートサックトキドキのキャラクターは、日本のアニメからとったものもあるようで、現在は100種類ほどあり、現在も新しいキャラクターが生みだされています。キュートなデザイン、カラフルなファスナーや付属のフィギュア、ロゴの入ったキーホルダーにこだわっています。レスポートサックのトキドキは発売以来、爆発的なヒットで全米、ハワイでは購入もなかなか困難でネットで通販のサイトを巡っても欲しいものが買える事はほとんどまれのようです。ネットでレスポートサックトキドキをさがしていて、もしも目的の物が見つかったときはなるべくはやく購入を決めたほうがお得かもしれませんよ。次にそのサイトに行ったときは 売り切れていた・・・なんて事にならないように^^;

Copyright © 2008 【レスポートサック】☆ハワイ☆トキドキ☆Lesportsac